私たちは子どもたちの笑顔が好きです

子ども食堂をやって感じたこと。
子どもの貧困や孤食(ひとりでご飯を食べる)などの社会問題を背景に、
全国的に広がっている子ども食堂。
子どもたちを取り巻く環境は、皆さんの子どもの頃とは違っています。
困っている子どもたちが近くにいる。何とかしたい…。
そんな想いで私たちも最初は活動を始めました。
でも、本当に困っている子どもたちのためになっているのか………。
ただ一つだけ自信を持って言えることがあります。
それは、この場所(子ども食堂)が少なくとも参加している子どもたちにとって、
居心地の良い空間になっているということ。
子ども食堂は毎回たくさんの元気と笑顔で溢れています。
中区にある子ども食堂のひとつひとつの積み重ねが、
困っている子どもたちの笑顔に届くといいな。